クリーンビジネスフォーラム・国際コインランドリーEXPO2018

※8月31日(金)18:00までに申込を頂ければ、無料にてご聴講いただけます。
なお、9月1日(土)以降のお申込みに関しては、一部プログラム(「A-13:第3回コインランドリー店アワード2018」、出展者プレゼンテーション)を除いて各セミナー聴講料¥3,000(税込み)/1名となります。
※「セミナー申込書」をダウンロードの上、プリントアウトしてください。
※必要事項をご記入いただき、参加希望のセミナーにチェックをいれ、FAXにて事務局までお送りください。
※2営業日以内に事務局より確認書をFAXにて返信させて頂きます。
※当日は聴講券を必ずご持参の上、ご来場ください。なお、来場事前登録は別途WEBサイトよりご登録ください。
※お申込みは先着順にて受付致します。満席になり次第締め切らせて頂きますので、何卒ご了承ください。

セミナー・イベント

A-11 10:30~12:00 ▶ セミナー会場A

インフラとしてのホームクリーニングの限界と今後の戦略
~クリーニング業の強みを活かした新しい価値の創造~

株式会社ホワイトウイングスの中村社長と株式会社ユーゴーの沼崎社長をお招きし、それぞれの事業の軌跡と
今後の戦略についてお話し頂きます。従来の規範から一歩踏み出し、事業の活性化を目指していくための先進的な取り組みから中長期的な展望まで、様々な角度からご意見を頂きたいと思います。ホームクリーニング関連事業者様は必聴のセミナーです。

B-11 10:30~11:15 ▶ セミナー会場B

アメリカのコインランドリービジネスの現状と今後の展望

1960年に設立し50年以上の歴史をもつアメリカのコインランドリー団体「Coin Laundry Association」の会長であるブライアン・ウォレス氏をお招きし、アメリカのコインランドリービジネスの現状と今後の展望についてお話しをお伺いします。
衣類を洗う、乾かすという本質的なところは変わりませんが、文化や生活習慣も異なれば、日本とはコインランドリービジネスの展開の仕方も異なります。だからこそ学べることも多くありますので、コインランドリー関連事業者様は必聴のセミナーです。

A-12 13:00~13:45 ▶ セミナー会場A

「できる」か「できない」かではない やるしかなければ、
やるだけ「建築基準法48条」
~クリーニング業界の発展を願い、覚悟を決め遵守したクリーニング屋の社長が語る
建築基準法48条~

地域に根ざした事業者であるクリーニング事業者だからこそ抱える問題でもあり、遵守しなければいけない建築基準法48条。見解は色々ありますが、「やるしかない」という変わらない事実の中で、国が特定行政に示唆した期限内に建築基準法48条に則ったお店づくりに着手し「ただし書き申請」をした、有限会社リッシンの迫田社長をお招きしてお話をお伺いしていきます。決して迫田社長が特別なのではなく、迫田社長の後世に継承したい
クリーニング業界への真っ直ぐな想いと支えてくれる地域住民への想い、、、動機は至ってシンプルな迫田社長が語る法令遵守経営の実例は、他では聞くことできない迫田社長だから、同業者だからこそ伝えられる内容が満載のセミナーです。

A-14 15:45~16:30 ▶ セミナー会場A

拡大が続く中国のクリーニング業界の現状と今後の展望
~中国のホームクリーニング、リネンサプライ、コインランドリービジネス~

拡大が続くアジア市場の中でも成長著しい中国のクリーニングビジネス。
そこで、中国大手クリーニング機械メーカーSailstar Machinery 国際部部長、マーケティング部部長を務めた経歴を持ち、現在は、中国唯一の全国規模のクリーニング業界の団体である中国商業連合会洗染専業委員会の機関誌「中国洗衣」の編集長をお招きし、中国のホームクリーニング、リネンサプライ、コインランドリービジネスについてセグメント毎の現状と今後の展望についてお話し頂くとともに、中国のクリーニング業界への参入にあたってのビジネスポイントもお伺いいたします。中国のクリーニング市場にご興味のある事業者様は、必聴のセミナーです!

イベント

出展者プレゼンテーション

C-11 10:30~11:15 ▶ セミナー会場C

環境先進国のドイツからやってきた
次世代のクリーナー

「クレードル・トゥ・クレードル」という新しいものづくりの考え方を踏まえながら環境先進国のドイツからやってきた環境・人に優しいクリーナーを紹介。「クレードル・トゥ・クレードル」とはなんぞや?業界全体でこれから取り組むべきことの提案。

C-12 11:30~12:15 ▶ セミナー会場C

安心して開業できるコインランドリーシステムのご提案

開業をお考えの方がお悩みになることを解決し、楽に低リスクで安心にコインランドリーを運営できるシステムをご提案いたします。

B-12 13:00~13:45 ▶ セミナー会場B

ランドリー業界の枠組みを超えた
先進的なAQUAのIoTソリューション

1971 年に国内で初めての業務用洗濯機器を開発、発売したAQUA。
創設以降、高品質な製品と全国にあるサービス センターによるサポートをもって、コインランドリー業界を牽引してきました。
「コモディティ化」から脱却するため、社会の変化に適応したソリューションの提供が必要だと考え、ランドリーという従来の枠組みにとらわれない新たな価値をユーザーへ提供する。
こうしたプラットフォーム ビジネスを実現することでコモディティ化から一歩抜き出た "AQUA らしさ" を提供することを目指し、モノとクラウドが融合することで、新しい価値の創造と顧客体験を実現し、IoTによるイノベーティブソリューションを提供します。
安心、安全なソリューションを短期間で提供することが出来る事に加え、将来の機能拡張にも取り組んでおります。
IoTを使用した未来のコインランドリーをご期待ください。

C-13 13:00~13:45 ▶ セミナー会場C

消費者2000人の実態調査から見える
業界の今後の展望を大胆予測!

これからの市場拡大の為に我々が提供する価値とは?
ダイワコーポレーションが独自に調査した2000人の実態から見えたユーザーの特性と価値創造への取り組みをお話いたします。

C-14 14:15~15:00 ▶ セミナー会場C

24時間クリーニング受け渡しBOX
(マジックシェル)の概要と設置事例のご紹介

近年、クリーニング業界に於いても、人手不足の問題が大きな課題となっています。
そこで、24時間クリーニング受け渡しBOX(マジックシェル)をご提案することにより、課題解決を図ります。
事例では、単なる設置だけでなく、成功事例、失敗事例の紹介、運営上注意する事など、全事例に、くまなく携わっている本人が講師としてお話致します。

C-15 15:30~16:15 ▶ セミナー会場C

間違いだらけのコインランドリー経営

日本全国500店舗のmammaciao代表三原淳が熱くコインランドリー論を語る。

B-13 15:45~16:30 ▶ セミナー会場B

コインランドリー機器トップメーカーのTOSEIが提案!
ふとん需要で「コインランドリー市場規模を5倍に!」

現在全国に約20.000店舗のコインランドリーがあると予測されていますが、都市部の小型店舗の売上も含みで計算すると1店舗平均500万円と予測され、市場規模としては1.000億と予測できます。
これに対し布団の潜在需要は上下合わせて約2億枚の布団が毎日使われており、年1回2.000円/客単価で洗濯して戴ける習慣を定着させる事が出来れば何と4.000億市場となります。
一方、多くの国民は布団を洗えると云う事すら知らずダニの潜んだ布団で毎日寝ており、これによるぜんそく・アレルギー性皮膚炎など健康被害の原因の一つとも言われています。快適な睡眠から得られる健康推進をコインランドリーと云う立ち位置から皆様と一緒に世に広めていける様な提案をさせて戴きます。

Copyright(C)2018 CLEAN BUSINESS FORUM / INTERNATIONAL COIN-OPERATED LAUNDRY EXPO All Right Reserved.